あったか薪ストーブ生活

子供が産まれ、家の中で過ごすことが増え

家の中の環境が以前より大切に感じるようになりました。

家具やインテリアで作り出す居心地の良さもそうですが、

ホッとするような家の中の温度も大切な要素の一つ。

 

そんな今年の冬、ついに薪ストーブがやってきました。

薪ストーブの温かさは、何とも言えない

体を包み込むような柔らかさがありあます。

 

冬の間、外気温が氷点下になることがほとんどのこの土地、

薪ストーブを使う前は、朝方はほとんど外と言ってもいいような

温度になることもしばしば。。。。

 

薪ストーブを使い始め、日中はもちろん温かいのですが

夜寝る前に大きめの薪を2,3本束にして入れ、

空気の供給を最小限に絞ります。

そうすることでゆっくりと燃え続けるので、途中で薪をくべることも無く

長い間部屋が温かいのです。

うちにやってきたのは

デンマーク産の薪ストーブ「HETA  Inspire45」(ヒタ・インスパイア)です。

幸せな北欧の暮らしが伝わってくる、デザイン性と機能性を兼ね備えたHETAのこのストーブは

燃焼効率は薪ストーブの中でも格段に良い84%

空気の調節もレバー1つで扱いやすく、

何と言ってもこの大きな窓から見える炎の美さは格別。

写真では伝わりにくいですが、このストーブは

「オーロラ」のような炎が特徴で、ゆらゆらとゆらめく炎が本当に

オーロラみたいなんです!!

ガラスの窓はすすが付きにくい素材でコーティングされており、

クリアな状態を長く維持してくれたりと、

本当に扱いやすいおすすめの薪ストーブです。

 

 

今年の薪は、庭で枝切りをした「えのき」。

来年の薪には町内の人からいただいた梅の木やイチョウも用意する予定。

薪を作るのも大変なようですが、こうしたてまひまも楽しいものです。

 

うちのヤマトくんも満足そうです。