DIY

あったか薪ストーブ生活

子供が産まれ、家の中で過ごすことが増え

家の中の環境が以前より大切に感じるようになりました。

家具やインテリアで作り出す居心地の良さもそうですが、

ホッとするような家の中の温度も大切な要素の一つ。

 

そんな今年の冬、ついに薪ストーブがやってきました。

薪ストーブの温かさは、何とも言えない

体を包み込むような柔らかさがありあます。

 

冬の間、外気温が氷点下になることがほとんどのこの土地、

薪ストーブを使う前は、朝方はほとんど外と言ってもいいような

温度になることもしばしば。。。。

 

薪ストーブを使い始め、日中はもちろん温かいのですが

夜寝る前に大きめの薪を2,3本束にして入れ、

空気の供給を最小限に絞ります。

そうすることでゆっくりと燃え続けるので、途中で薪をくべることも無く

長い間部屋が温かいのです。

うちにやってきたのは

デンマーク産の薪ストーブ「HETA  Inspire45」(ヒタ・インスパイア)です。

幸せな北欧の暮らしが伝わってくる、デザイン性と機能性を兼ね備えたHETAのこのストーブは

燃焼効率は薪ストーブの中でも格段に良い84%

空気の調節もレバー1つで扱いやすく、

何と言ってもこの大きな窓から見える炎の美さは格別。

写真では伝わりにくいですが、このストーブは

「オーロラ」のような炎が特徴で、ゆらゆらとゆらめく炎が本当に

オーロラみたいなんです!!

ガラスの窓はすすが付きにくい素材でコーティングされており、

クリアな状態を長く維持してくれたりと、

本当に扱いやすいおすすめの薪ストーブです。

 

 

今年の薪は、庭で枝切りをした「えのき」。

来年の薪には町内の人からいただいた梅の木やイチョウも用意する予定。

薪を作るのも大変なようですが、こうしたてまひまも楽しいものです。

 

うちのヤマトくんも満足そうです。

アイアン製のシーリングシェルフをDIY!

アイアン素材のインテイリア、

近年は特に人気が高くなっていますね。

鉄の重厚感や黒い質感が格好よかったり

なんといっても丈夫で長持ちするのが人気の秘訣です。

 

そんな人気のアイアン製のシーリングシェルフをDIYで

取り付けてみましたのでご紹介します!

 

シーリングシェルフは言うなれば’吊戸棚’のこと

キッチンなどの収納によく四方を囲まれた棚が使われているそれです。

今回はその吊戸棚をアイアン製のフレームに木製の板を渡した

アイアンシーリングシェルフを製作しました。

 

横30㎝×縦80㎝ほどの長方形で、

ちょうど縦の半分のところにもう一本横棒があり、

漢字の日の形をしたものを地元の金物屋さんに作ってもらいました。

鉄の溶接が自分でできる方は、ここも自作でもいいですね。

 

そして、天井に取り付けるためにフレームの上部に

ボルトを通す穴をあけ、ボルトを通したらワッシャーとナットで固定します。

天井との固定には、ひらがなの’ひ’の字の全ての曲がりを直角にしたような金具で

ホームセンターなどで天井吊り下げ金具として売っている物を使いました。

日の字のフレームなので板を2枚渡せば、2段の棚が設けられます。

 

四方が覆われた棚とは違い、向こう側が見えることで圧迫感もなく、

スッキリとした棚が完成しました。

板は好みで分厚いものや、色の濃いもの、ビンテージ感のあるものなど

選んでみると面白いと思います。

 

収納としても嬉しいシェルフですが

こんな風に置くものをチョイスすれば、目でも楽しめ

よりキッチンに立つのが楽しくなりますね♪

こだわりの壁がある生活

住み始めて1年弱が経った我が家ですが

改めて見回してみると、自分たちで手を掛け、

リノベーションした内装は愛着が沸き住み心地がいい家に仕上がったなと感じます。

その大部分を占めるのは意外に思られるかもしれませんが「壁」です。

 

北欧の幸せの文化、インテリアを取り入れた家を作っていく上で

まず内壁、天井のカラーは基本ホワイトで統一することにしました。

これは他の色よりホワイトの方がインテリアや、小物などが合わせやすく、

さらに空間が明るくなるからです。

素材は通気性や除湿、保温のことも考え漆喰仕上げにしました。

今ホームセンターなどでも簡単に漆喰が手に入ります。

おすすめは購入してから自分で練る必要のない、すでに練ったもの。

大きめのポリバケツ10リットル程度で1万円ちょっとで購入できます。

これだと蓋を開けてすぐに塗り始められます。

 

ほとんどの壁をホワイトで仕上げたら、アクセントウォールを各所に仕掛けます。

ホワイトばかりでなく飽きのこない空間にすることで、居心地の良さもアップするのです。

仕上げは漆喰ですが、購入したホワイトの漆喰に粉状の炭を少しづつまぜ、

好みのグレーになるまで色を調節します。

漆喰壁ならではの凸凹や、炭の完全に混ざりきる前のマーブル感が

窓から入る光でさらに味わいを広がてくれます。

ワークルームのアクセントには、

フィンランドの最古のテキスタイルブランド「フィンレイソン」の柄の壁紙を貼りました。

壁紙はすでにノリ付けされたものがネットで購入でき

素人でも簡単に貼ることができるので少しのスペース、例えばトイレやキッチンなどで

アクセントウォールを試してみたい人にはお勧めです。

ただ、こんな風に縦や横の線がきっちりしているものは、

デザインの連続性をきっちり合わせていくのが少し大変でした。

壁が無いなら作ってしまうのも、面白いかもしれません。

こちらは寝室ですが、ベッドの後ろに2×4材を数本、専用金具で突っ張り

色を塗ったコンパネをそれに打ち付けて壁を作りました。

壁の後ろは、古くなりすぎて動かなくなったたんすの扉を外してしまった開放空間なので

壁を新しく作ることでウォークインクローゼットができました。

 

リノベーション前は築40年の古い日本家屋で、壁ももちろん和風の土壁でした。

自分たちで壁まで仕上げるのは最初は途方もない作業に思えたのですが

漆喰を塗り始めるとマスキングテープをはがす瞬間の達成感や、

自分たちで作り上げている感覚がとても楽しく、あっという間に出来上がっていました。

古い家の雰囲気を、味わいを生かしながら作り上げる家は

この先ずっと住んでいきたくなる、親しみのある家になるはずです。